So-net無料ブログ作成

AKG 密閉型カナルイヤホン『 K3003 』 [AKG 密閉型カナルイヤホン『 K3003 』]

AKG 密閉型カナルイヤホン『 K3003 』登場!


001.jpg
ヘッドフォンでは5万円を超えるハイエンドモデルを揃えているAKGだけど、

カナル型イヤフォンでは最上位の「K370」でも17,800円と、

他の超高価格モデルと比べると低価格に属する。

だから、高級モデル市場では、ヘッドフォンのイメージの方があるよね。


で、そのAKGから、カナル型イヤフォンの衝撃的なモデル「K3003」が2011年9月中旬に登場した。

その特徴は2つ!

① バランスド・アーマチュアユニットとダイナミック型ユニットを両方搭載した
  ハイブリッドタイプである事。


② 実売想定138,000円というこちらも、衝撃的なお値段だw( ▼o▼ )w オオォォ!!



【 在庫状況や現在価格はこちら♪ 】



共通テーマ:音楽

K3003 製品レビュー 【ダイナミックとバランスド・アーマチュアユニット】 [K3003 製品レビュー 【ダイナミックとバラン]

K3003 製品レビュー 【ダイナミックとバランスド・アーマチュアユニット】


すぐに分かるのは、非常に自然な音だということかな。。

めずらしい機構のイヤフォンなので、個性的な音がするだろうと思ってたら、

肩透かしを食らってしまう。

だが、アコースティックギターの金属質な弦の音と、

それによってギターの本体が振動して発せられる木の柔らかい響きの音が、

完璧に再現されていることに気づいて・・・、これは凄い。

アコースティックベースの「ヴォーン」という量感のある低域は、まぎれもなくダイナミック型の音。

頭の中心を揺らされるような量感がすごく良い。


バランスド・アーマチュアでも低い音は出るけど、

「大量の空気が動いている感覚」を出すのは困難で、

ダイナミック型のメリットと言える部分だね。

逆に、この豊富な低域に埋もれず、中高域が一音一音クリアに、

輪郭がシャッキリ描写される部分に、バランスド・アーマチュアっぽい解像度の

高さを感じる。

まさに両方のユニット特性の「いいとこ取り」。

ここまでだったら、ただ単に「低域をダイナミック型が担当して、中高域をBAで再生してる」

で終わりだけど、「K3003」の凄いのは、ユニットの方式の違いを感じさせないほど、

高音と低音の音域が統一されていて、すごいのは中高域の自然さかな。






共通テーマ:音楽

K3003 製品レビュー 【3ウェイ・ハイブリッド・テクノロジー】 [K3003 製品レビュー 【3ウェイ・ハイブリッ]

K3003 製品レビュー 【3ウェイ・ハイブリッド・テクノロジー】


さて、気になるところを1つずつレビューしていこう

☆☆ 3ウェイ・ハイブリッド・テクノロジー

  バランスド・アーマチュアユニットユニットを搭載したイヤフォンでは、

  2Way、3Wayといったマルチウェイ化がはやっていて、

  複数のバランスド・アーマチュアユニットをイヤフォンの中に詰め込んだ

  タイプが増えてきている。

  これは、ユニットで再生できる帯域が狭いバランスド・アーマチュアの

  弱点を補う工夫ですねぇ。


  「AK3003」も、そんなマルチウェイタイプなのだが、構成が挑戦的だ!

   002.jpg

  高域用、中域用にそれぞれバランスド・アーマチュアユニットを搭載している

  のに加えて、低域用にダイナミック型のユニットを搭載している。

  AKGではこれを「3ウェイ・ハイブリッド・テクノロジー」と呼んでいるらしい。


  スピーカーでは、ウーファとツイータに素材や方式の異なるユニットを使う事は

  よくあるけど、イヤフォンではあまり見ないね。

  異なる方式が一緒になってる事が、音にどのような影響を与えているか?が、

  このイヤフォンの聴きどころだね。


  スペックは
  ① 周波数特性が10Hz~30kHz。

  ② 感度は104dB/mW。

  ③ インピーダンスは8Ω。

  



共通テーマ:音楽

K3003 製品レビュー 【シンプルで上質なデザイン】 [K3003 製品レビュー]

K3003 製品レビュー 【シンプルで上質なデザイン】


イヤフォンのデザインはすごくシンプル!!

サイズもコンパクトで、独創的なハイブリッド技術が使われているとは思えないくらい。

本体の素材はステンレス。

耐久性を高め、不要な振動を抑制する効果があるらしぃ。

コンパクトではあるが、手にすると適度な重さがあり、金属的な肌触りと合わせて高級感たっぷり。

ヘアライン処理された表面と、控えめだけどしっかり主張するAKGのロゴマークも渋い。
003.jpg

ケーブルを除いた重量は、わずか10g。

ステンレス筐体は本体の他に、ケーブルのYコネクタや、入力プラグもステンレスで出来てる。

さらに付属の航空機用プラグアダプタまでステンレスだ。
004.jpg




共通テーマ:音楽

K3003 製品レビュー 【音質カスタマイズ】 [K3003 製品レビュー 【音質カスタマイズ】]

K3003 製品レビュー 【音質カスタマイズ】


実は、K3003には音質の変化が楽しめるフィルタが付属している。

一見どれも同じに見えるが、

低域ブースト用はフィルタの周囲に黒、

高域ブースト用は白、

通常(リファレンス)版は灰色

に色付けされている。
005.jpg

一緒になっても見分けられるのは安心だが、非常に小さなパーツなので、

クシャミしたら何処かへ・・・・ってことになるそうで怖い。

フィルタ交換はネジのように回すだけなので簡単だよ。

取り外すと、中のバランスド・アーマチュアユニットユニットが顔を出し、
006.jpg

構造がまるわかり。(^ー^* )♪
007.jpg


【 在庫状況や現在価格はこちら♪ 】


共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。